• トップページ
  • 会社概要
  • 製品情報/導入事例
  • 私たちの役割
  • 採用情報
  • ニュース&トピックス

フィッシング詐欺にご注意ください

最近、銀行、プロバイダなどからのメールを装い、電子メールの受信者を偽のホームページに誘導し、そのページにおいて個人の金融情報(クレジットカード番号、ID、パスワードなど)をはじめとする情報を不正に入手する詐欺的な行為(フィッシング詐欺)が発生しています。

こんなメールにご注意ください

フィッシング詐欺の主な手口としては、金融機関や企業からシステム変更や再登録のためなどと称して、口座番号やクレジットカード番号やアクセスID、パスワードなどを入力するよう促すURLが入ったメールが届きます。

  • 例(メール件名)
  • ・○○銀行より顧客の皆さまへ
  • ・システム変更に伴う再登録のお願い
  • ・セキュリティ強化についてのご案内とお願い  など

知っている名前の企業からだから「大丈夫だろう」という、不用意なアクセスが大きな被害を生むのがフィッシング詐欺の特徴です。

NTTコム マーケティング株式会社からのお願い

たとえ利用している金融機関や企業などからの名前が入っている電子メールであっても、偽装されている可能性があります。

リンク先のURLをクリックして情報入力する前に、そのような事実があるかどうか、依頼主に電話連絡などして、ご確認いただくことをおすすめします。

知って得するICT活用マガジン Biz-With ICT Vol.3