CSRの取り組み

NTTコミュニケーションズグループCSR基本方針

私たちNTTコミュニケーションズグループは、現在と未来を「つなぐ」パートナーとして、ICTを通じて、グローバル規模で社会の新たな価値創造や社会的課題解決に取り組み、安心で快適・豊かな社会の実現に貢献します。

NTTコムマーケティングCSR基本方針

私達はICTパートナーとして、社会から選ばれそして求められる企業であり続けるため、「NTTComグループCSR基本方針」に基づき、幅広い取り組みを通じて社会的責任を果たします。
また、人と地球の未来を見据え、社員一人ひとりの自主性を尊重する仕組みを整えオリジナリティのあるCSR活動を展開していきます。

トップメッセージ

当社は「地球環境への貢献」「社会への貢献」「人材の尊重」を重視するというNTTコミュニケーションズグループのCSR方針に基づき、様々なCSR活動を行っています。
「地球環境への貢献」として里山保全活動、「社会への貢献」としてフェアトレード販売やハッピーBook販売を通じての発展途上国への貢献、災害対策備蓄品の寄贈等を行っています。
また、「人材の尊重」として、日頃から社員のスキルアップ研修やICTを活用したワークスタイル変革に力を入れることはもとより、社員が心身ともに健康な生活を送り充実した仕事を行うための各種施策を実施し、健康経営を推進しています。

代表取締役社長 風見健史

里山保全活動

森林の整備、田植え、自然観察などを通じ、企業として自然環境保護に貢献することを目的とした里山保全活動を実施しています。千葉県白井市の「平塚の里」において、春の田植えから夏の雑草取り、秋の収穫まで年間を通じて自然にふれあい、自然保護、食への関心を醸成しています。

夏には竹林伐採、ザリガニ釣りなどをはじめとした生態系観察を行ない、社員の家族も含め、環境保全の関心を高めるための取組みを実施しています。

秋には、稲刈り・サツマイモや落花生の収穫などを行い、年間を通じて自然にふれあい、自然保護、食への関心を醸成する活動を展開しています。

フェアトレード販売

世界の貧困問題と環境問題の解決に貢献するため、国際協力NGOの「わかちあいプロジェクト」と協力し、フェアトレード商品の販売を行っています。販売はコーヒー、紅茶、チョコレートなどさまざまな商品を取りそろえ、会場には数多くの方が足を運んでいただき販売員に質問するなど、フェアトレードへの関心の高まりを感じています。

途上国に対する社会貢献活動(ハッピーBOOK)

不要になった本を社員から募集し、「ハッピーBOOK」としてリサイクル販売しています。その収益金や本を国際NGOルーム・トゥ・リードに寄付することで、アジア・アフリカ諸国などの開発途上国における子供たちの教育機会の創出に貢献しています。

災害対策備蓄品の寄贈

全国の拠点に配備している災害対策備蓄品を賞味期限が切れる前にフードバンクに提供しています。福祉施設や生活困窮者などへの援助に加え、食品ロスの改善等の取り組みに貢献しています。

安全の取組み

「安全は全てに優先する」を徹底すべく、社員に交通安全講習会や運転技能講習会などに参加してもらうことで、事故撲滅と、防衛運転の徹底に向けた取り組みを推進しています。

社員やご来社された方の万一の事態に備え、迅速かつ適切にAEDを使用できるように操作説明会なども開催しています。
社内はもちろん、プライベートにおいてもAEDを用いて大切な命を救うために、地域の皆さんの安全・安心に寄与できるよう取り組んでいます。

健康増進

ソフトボール大会や駅伝大会など、仲間と一緒に楽しみながら運動する機会を設けることで、社内の一体感醸成と社員の健康意識の向上につなげています。
運動習慣を持つことで社員が健康でいきいきと働くことのできる会社づくりに努めています。

ラグビートップリーグのメンバーが練習メニューのストレッチ等を盛り込み、社員ニーズに合った健康指導を行うことにより、社員の健康管理及び社員間のコミュニケーションの活性化につなげています。

PAGE TOP