ICTアドバイザー
~ビジネスカスタマ営業部~

豊富な知識とフットワークで
お客さまに寄り添いながら
課題解決に大きな喜びを感じています

お客さまにとってベストな
提案ができる、それがVAの仕事

ICTアドバイザーは、幅広いICTの知識でお客さまの多様なニーズにお応えするお手伝いをしています。その中でも、NTTコミュニケーションズグループのICT(IP系および音声系)サービス全般に精通し、新規導入やご利用中のお客さまに対するコンサルティングを主なミッションとするのがVA(バリューアドバイザー)です。
NTTコミュニケーションズと連携して企業へ営業活動を展開する、さまざまなタイプのVAの皆さんに話をお聞きしました。
田中お客さまのお困りごとや何を必要としているのかをヒアリングした上で、課題解決に向けて最適なシステム・サービスを提案していく。私たちの会社で良い点は、組織が縦割りになっていないために、音声系やIP系などのこだわりを持たずにNTTコミュニケーションズのICTサービスを提案できることです。お客さまのために自由に提案できるのは大きな強みであり、営業冥利に尽きます。お客さまにとってベストな提案ができる、それが私たちの仕事です。
小林お客さまの事業規模から電話やインターネットの用途、データ通信量などを想定した上で、そこから熟慮を重ね、お客さまご自身でも気づかない課題を明らかにすることで、お客さまの業務効率化や売上アップをめざします。
依田お客さまにお話を伺う中で、まず相手の身になって考えてみます。お困りごとがありそうだと思えば、こちらからお話を投げ掛けてみて、どうすれば解決できるのかを一緒に考える。私たちの仕事はそこから始まると思っています。
お客さまと一緒になって課題を深掘りし、幅広いサービスラインアップによる複合提案や価値提供で解決に導く姿勢が基本となっていることがよく分かります。

総合的な提案まで
できることが強い武器となる

VAはICTのスペシャリストでありつつ、お客さまと向き合う最前線の窓口でもあります。だからこそ思いも人それぞれです。
山部システム更改の際などには、サービス自体がすでになくなっていたり名称が変更になっていたりすることがありますので、お客さまが戸惑うことがないよう、習得した知識をフル活用してガイド役を務めています。私はいつも直球勝負。お客さまにお話を伺うと、共感できることや参考になることがとても多いので、そのことを素直に相手に伝えるなど、本音で接して信頼関係を築くよう心掛けています。
依田ICTという成長分野に関われるのは大きな喜びです。これだけの数のサービスを組み合わせて総合的に提案できること自体がすごいことだと思います。私の場合、商品知識は意識して覚えたものではなく、ご提案をしてお客さまの課題を解決へと導く中で身に付いた、いわば『生きた』知識です。だからこそ大切にしたいです。量もあるのでかなり大変ですが。
小林時代の移り変わりとともにICTに対するニーズも刻々と変わり、取り扱うサービスも目まぐるしく変わります。でも業界やジャンルを制限することなく営業活動ができるのは弊社だけではないでしょうか。自分としては知識を習得することは自己研鑽であり、確実にスキルアップにつながるはずだと考えています。変化を楽しめる人なら間違いなく成功できる会社だと思いますよ。
千変万化のテクノロジーや変化に適応し、さらに学習しつつ、時には(ICTの)翻訳者や解説者としてお客さまを支援する。その一方で、しっかりとお客さまとの信頼関係を構築していくことは、仕事に対するプライドやモチベーションの現れだということが感じられます。

お客さまの要望には最大限に応えたい

4コマ漫画「お客さまの“困った”を一緒に解決!」4コマ漫画「お客さまの“困った”を一緒に解決!」
お客さまの課題解決に貢献するという目的は同じでも、仕事に対するスタンスやモチベーションは、ICTアドバイザーごとに違います。

自分の成長をお客さまに還元したいと思うICTアドバイザー

山部自分自身を成長させたい、チャレンジできる環境に身を置きたいと思い、現在の職に就きました。努力すればしただけの評価は得られます。NTTコミュニケーションズという看板を背負うことに対する責任感ややりがい、また守られているという安心感もあります。
依田前職では一般の個人がお客さまでしたが、規模の大きな法人をお客さまとして自分の力を試してみたいと思い、この会社を選びました。パブリック・クラウドサービス全盛ともいえる昨今、例えばクラウドサービス『Enterprise Cloud』であれば、インフラまで一貫して提供できる強みや信頼性をアピールするなど、ネットワークも含めた複合提案で大きな成果に結びつけたいと考えています。

営業という仕事に対する思いを新たにするICTアドバイザー

小林営業に就いたばかりのころ、あるお客さまから『仕事のABC』(当たり前のことを、馬鹿になって、ちゃんとやる)の大切さを教わりました。例えば回線工事には極力同行するなど、サービス開始まで責任を持って見届けたいですね。
田中全く新しいお客さまを訪問するのは大変だということを、営業ではよく耳にしますが、私はさほど難しいとは思っていません。なぜなら、企業の多くは電話やインターネットを利用しているわけですから、良いサービスだと評価していただければ、他社のサービスをご利用中でもすべてNTTコミュニケーションズのサービスに統一していただける余地は必ずあると信じています。
PAGE TOP