NTT Communications ShiningArcs ラグビー部を応援しよう!

NTT CommunicationsShiningArcs ラグビー部を
応援しよう!

ShiningArcsの紹介

「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」は、1976年に発足。千葉県浦安市にホームグラウンドを構えるトップリーグ所属のラグビーチームです。私たちは、Victory(勝ち)の「V」だけでなく、Value(価値)の「V」も追求し、リーグ日本一と日本一価値のあるスポーツチームを目指します。現在、NTTコム マーケティングの企画総務部に光井勇人選手が所属しており、皆さまとグラウンドでお会いできることを心から楽しみにしております。今後とも、熱いご声援、ご支援をよろしくお願いいたします。

SPECIAL INTERVIEW
企画総務部 総務・秘書担当 光井 勇人選手

固い絆の仲間と、さらに強いチームへ。
挑戦し続ける姿勢を見せていく。
目指すは、仕事とラグビーの両立。

ラグビーをはじめたきっかけを教えてください。

小学校の担任の先生が、休み時間も子供たちと一緒に遊んでくれるような人で、外を走り回るのが好きだった私にラグビーをやってみたらどうかと勧めてくれたんです。地域のスポーツ少年団に連れて行ってもらったのが、ラグビーを始めるきっかけになりました。毎週日曜日の朝7時から練習が始まるので、最初は早起きがつらかったのですが、仲の良い友人たちと会えることも嬉しくていつの間にか週末が楽しみになっていました。練習後に必ずもらえるアイスがめちゃくちゃ美味しかったことを、よく覚えています。
実はサッカーもやってみたんですよ。3年くらいでしょうか。ラグビーと違って手が使えなくて、これは難しいなと思いましたね。やっぱり私にはラグビーがいちばん楽しかったから、大人になるまでずっと続けてこられたんでしょうね。高校、大学とラグビー部に所属し、大学4年時にはキャプテンとして「勝ち」にこだわり、チームを引っ張っていました。そうした中で、試合を見に来てくれていたシャイニングアークスのリクルーターから声をかけていただきNTTコミュニケーションズへ入社しました。ちょうどシャイニングアークスがトップリーグに上がった年でした。

普段の1日を教えてください。

来シーズンに向けて、毎日トレーニングをしています。いまは体が大きくなるよう鍛える時期。午前中に練習をすることが多いですね。朝は6時半に起床し、朝食をとってすぐに浦安のクラブハウスに向かいます。4時間くらいウェイトトレーニングとランニングをメインに行います。各項目に合わせてトレーナーがついてくれています。その後クラブハウスで出していただく食事をとり、出社します。メインの豚肉や鶏肉のほか魚もあり、タンパク質が多く摂取できるメニューです。野菜や総菜など、品数も多いです。炭水化物はお米か麺類から体重の増減で選びながら食べる量をコントロールしています。会社では、だいたい17時まで勤務していますね。浦安から本社までの通勤時間も長いので、体力的にきついときもありますが、やはり企業スポーツですから仕事との両立をしっかりとやっていきたいと思っています。

仕事とラグビーを両立するために、心掛けていることを教えてください。

本社の総務担当として、全社の環境整備や自然災害対策をはじめとするリスクマネジメントのほか、様々な決裁業務を行っています。また普段の練習や試合模様、留学体験談など、ラグビーに馴染みのない社員の方にも身近に感じて貰えるような楽しい内容で、社内ブログを発信しています。CMKでは全国に営業所やセンタがありますので、どこで試合をしても応援に来てもらえるファンを増やしたいですね。
シャイニングアークスではチームとしてスポーツによる町おこし、SDGsや社会貢献にも積極的に携わっています。外国人の監督・コーチそして選手達とのコミュニケーションを通じて、視野もぐんと広がりました。仕事とラグビーの両立は決して楽ではないですが、常に心掛けていることは「仕事もラグビーも、集中して全力を尽くす」。そして「選手を引退した時の自分の立ち位置を意識しながら業務に取り組む」ということ。引退してからスタートするのではなく、現役の時から次のステップに対して準備をし、自分の強みやスキルを磨きながら最大限業務に活かしていきたいと考えています。

普段、どのようなトレーニングをしていますか?

筋量・筋力をアップさせるトレーニングを中心に行っています。月曜日と木曜日は下半身にフォーカス、火曜日と金曜日は上半身にフォーカスして、がっつりと高重量を上げています。下半身のトレーニングは、スクワットや片足で行うブルガリアンスクワット、上半身のトレーニングはベンチプレスやショルダープレス、クリーンなどをメインに行っています。終わった時にはうっすら筋肉痛がきてるくらいなのでかなり追い込んだな、といつも思ってます。ラグビーのスキルトレーニングも、時間を分割するなど工夫をして密になることを避けながら、少しずつ再開しています。
私はありがたいことに1年目からずっと試合に出場してきましたが、怪我にも随分悩まされました。入社してから膝や肩など、3回の手術を経験しています。もちろんラグビーに怪我はつきものですが、リハビリをしっかりして再発を防止しながら、力を発揮できるよう整えていくことが必要だと思っています。地道なトレーニングやリハビリなど、目に見えないことの積み重ねが必ず本番に活きます。

最近の印象深い試合などがあれば、具体的に教えてください。

昨シーズンはコロナウイルスの影響もあり短かったのですが、最も印象深いのは大阪で開催されたクボタスピアーズとの試合です。私はリザーブでのメンバー入りでした。試合はシーソーゲームで、後半に入っても私の名前が呼ばれることはなく、ベンチで終了のホイッスルを聞きました。ラグビーでは、試合の展開や流れで交代ができないまま終わるシーンも少なくはないのですが、私にとってそれは初体験だったんです。悔しさと虚しさがこみあげました。関西での試合は数少なく、両親や昨年結婚した妻、友人たちも応援に来てくれていましたから。ポジティブな意味での印象深さではなく、むしろ苦い思い出ですが、これも進化することのチャンスになると考えることはできます。いま自分に何が足りないのか、なぜ試合に出られなかったのか、その理由を客観的な視点から探すこと。「怪我をしてなかったあの頃は良かった」と後ろを見るのではなく、常にいまの自分がベストなのだと思うこと。すべての経験を経て成長しているのが、いまの自分なのですから。挑戦し続けるというのは、どんなことがあってもそれを未来に繋げられるように努力するということだと思っています。

趣味等、いま気になっていることを教えてください。

シャイニングアークスはメンバーの年齢が比較的若く、上下関係が良い意味で厳しくないため、とても雰囲気が良いです。BBQをしたり飲み会をしたり、ノリも明るくてフランクで、純粋に楽しめる空気がとてもいいんですよね。みんなで飲むとついつい飲みすぎてしまうし、気づくと終電がない、というようなことも。毎日一緒にいるのに何を話しているんだという感じですが、お酒を飲んだ時にしか出てこない熱い話をしています(笑)。所属部署はみなバラバラですが、仕事の話もラグビーの話も、プライベートな相談もできる大切な仲間です。
また、最近ピラティスを始めました。スタジオに体験レッスンを受けにいったら経営者がシャイニングアークスをご存知で、応援してくださっていると知って嬉しかったですね。リフレッシュにもなりますし、ラグビーとは使う筋肉がちがうので女性が簡単そうにやっていることが私はできなかったりするようなこともあって、面白いんですよ。

プロフィール

光井 勇人Hayato Mitsui

ポジション
SH
生年月日
1992年6月6日
身長 / 体重
170cm / 73kg
出身地
奈良県北葛城郡
経歴
天理高 → 近畿大 関西学生代表
チーム在籍歴
2015年入部 6年目
ニックネーム
ミッチー
所属部署
企画総務部
光井 勇人